最新記事

行政書士は、日本にある資格の中でも受験者数がかなり多い資格の一つです。
法律分野に関する資格と言うことで、主に法学部の学生が在学中に受験する場合が多くなっています。
それ以外にも、様々な年代の人が受験しており、親しみやすい資格として認識されています。
最近では通信講座や各予備校でも講座を開設しているので、誰でもすぐに勉強を始められる状態になっています。
行政書士は、様々な許認可などについての書類を作成したり、それに関する様々な相談などを受け付けることを業務内容としています。
他の法律で制限されていない限りは、書類作成に関する仕事を行うことができます。
そのため、実務で扱う書類の種類はかなり多くなっています。