最新記事

行政書士の仕事内容について記述をします。
この仕事の業務は実に幅広いことから、たくさんの知識が必要となります。
行政書士をいうこの文字から官公庁や役所に出す許認可申請の書類の作成や提出業務をイメージする人も多くいますが、それだけではないのです。
現在は経営法務のコンサルタントとして活躍をしているケースが多くなっています。
税金や会計事務の業務も行うことができることから、経営者の相談にのったり事業面のサポートを行ったりしているのです。
会社の決算や帳簿、財務諸表の作成を行っているケースも少なくありません。
また遺言書作成や労務などの契約書、権利義務に関する書類の作成も行政書士の仕事の一環です。
その他、定款や議事録などの事実証明の書類作成も実施しています。