最新記事

行政書士の仕事は多岐に渡っていますが、大まかに三つに分類することができます。
まず一つ目が、許認可が必要な官公署に提出する書類の作成と提出、それに関わる代行業務があります。
二つ目が、権利業務に関わる書類の作成や提出などがあります。
遺言書の作成や交通事故の時の示談書、売買や贈与等の契約書、内容証明などの作成や提出等がこれに当たります。
三つ目が事実証明に関わる書類の作成や提出があります。
家系図の作成や会社などの就業規則の作成、著作権の登録申請などがあります。
依頼者は個人法人関係なく仕事を依頼することができて、幅広い分野の仕事を取り扱っています。
また、法律関連の相談にも応じてくれて、法のトラブルに見舞われたらまず相談してみるのが良いでしょう。